1000匹の犬

サイタローの感想ブログ

読書感想文

「ドキュメント道迷い遭難」からみるピンチの乗り越え方

こんにちは。 「ドキュメント道迷い遭難」読みました。 登山時に道に迷った人がどのような心理で遭難に至ったのか、そして生還の分かれ道は何だったのかを自己分析しているルポルタージュです。 超面白かったですが、そのへんのホラー小説よりよっぽど怖かっ…

星新一作品の中に誰しも必ず刺さる一編が見つかるらしい

こんにちは。 星新一を知っていますか? 1000を超える超面白短編を世に送り出したSF短編の神様みたいな人です。 教科書とかにも載ってたよね。 幼い頃に読んでなんとなくずっと覚えている話ってあるよね。 最近分かったんですけど、そういうのって自分の嗜好…

ほっこり(?)系ホラー短編集「などらきの首」感想文

比嘉姉妹シリーズの短編集「などらきの首」読みました。 「ぼぎわんが、来る」「ずうのめ人形」よりも気軽に読めるところがいいですね。 面白かったです。 「ゴカイノカイ」 事故物件の話。若かりし頃の真琴が出てくる。 あとがない(と思い込んでる)人間が…

怪異を呼ぶ人間に碌な奴はいねえ「ずうのめ人形」感想文

積ん読解消週間です。 「ずうのめ人形」読みました。 前作(ぼぎわんが、来る)と同様、今作もまーーーー人間の嫌なところが的確に描かれていまして……超面白かったです!!! 怪異を呼ぶのは人間であるという展開、好きです…… 以下、ネタバレあり感想。 今作…

やっぱり怪異より人間のほうが怖くない??という「ぼぎわんが、来る」感想

積ん読解消シーズンなので「ぼぎわんが、来る」を今さら読みました。 超面白かったです。 この本の好きなところは、「ハッピーな人間が最強」というのがずっと根底にあるところですね。 そうなんだよ。本当は他人とか世間とかどうでもよくて、自分がハッピー…

こんな状況だからこそ読みたい「羅生門」(意識低い系感想文)

みなさん、「羅生門」覚えていますか? 多分高校の時とかに国語の授業でやりましたね。 この「羅生門」の状況、今の世間と超~~~似てるんですよ… この二三年、京都には、地震とか辻風つじかぜとか火事とか饑饉とか云う災わざわいがつづいて起った。そこで…